【病んでる】酒井莉加はメンヘラで病気?実は精神病院でヤバい過去も! | GOD,MEDIA

【病んでる】酒井莉加はメンヘラで病気?実は精神病院でヤバい過去も!

立川志らくさんの妻であり、弟子との不倫が報道された「酒井莉加さん(38)」ですが、病んでる?という噂が上がっています。

実は精神的に弱く病気なのでは?と心配される声も上がっており「精神病院」にいた過去も話題です!

今回はそんな酒井莉加さんの気になる精神状態と過去の真相に迫ります。

スポンサーリンク

酒井莉加はメンヘラで病気?病んでる?

実は立川志らくの弟子との不倫は、今回で2回目である酒井莉加さん。

過去には酒井莉加さんが別の弟子と不倫し、志らくさんにその弟子は破門にされています。

チンパ

酒井莉加はトラブルメーカだな

それにしても、リスキーかつ大胆な行動ですよね。

実はこれは心理的に相当な「承認欲求」があるからだと言えます。

夫婦問題研究家でNPO日本家族問題相談連盟理事長の岡野あつこ氏は、次のように語る。

「ひと言でいえば、“夫の代替”ではないでしょうか。

私が受けた相談例を見ても、そもそも多くの“年の差婚”の場合、妻が夫に求める最優先事項は“経済力”です。結婚後、念願だった経済が安定し始めると、これまで二の次だった贅沢な要素を満たしたくなってくるものです。

具体的には、『定期的なスキンシップ』『“かわいい”“綺麗だ”と褒めてもらえる』『豪華な旅行や食事に連れていってくれる』などです。

志らくさんの場合は、経済力の問題はクリアできても、それ以外の妻の希望を満たすことができなかったのではないでしょうか。

https://biz-journal.jp/2020/03/post_144902.html

簡単にいえば「かまってちゃん」よね。メンヘラ要素は十分ね

けめ子

巷でいわれる「メンヘラ要素5個」に全て当てはまる!?

①とにかく寂しがり。いつでも愛情に飢えており、人から必要とされることを求めている

②構ってちゃん。寂しさを埋めるため、必要としてもらうため必死にアピールをします。

③自尊心が低く、自傷行為が多い。自分に自信が無いため、自分を大切にすることができません。そのため、簡単に異性へ身体を許してしまったり、自分の身体に傷をつけてしまうのです。(タトゥーも自傷行為?)

④Twitterで病みツイートの割合が多いなと感じる女子は、隠れメンヘラか予備軍の可能性が高い。

⑤自分の写真を惜しげもなくネットへ流す。反応がほしい、構ってほしいが故に自分の見せ方を工夫するため、自撮りや加工のスキルが高いのも隠れメンヘラの特徴と言える。

④に関しては酒井莉加さんの「久しぶりにご飯食べれました」という意味深なツイートがありましたね。

これは色々と怪しいですね。構って欲しい心の現れにも見えますし、体調や精神面の不安定さも伺えますね!

ちなみに酒井莉加さんは自撮りや加工アプリのスノーで盛れた写真を満足げにアップしています。

⑤も当てはまりますね、、、

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

実家にて。 暑い。 スノーで涼しくならんかね。 #加工の凄さ #改めて実感 #この後 #ゴキブリ #出た

酒井莉加(@sakairika26)がシェアした投稿 –

チンパ

メンヘラ確定。そもそも弟子と家の前で浮気なんて「あたおか」(頭おかしい)だろ!
スポンサーリンク

精神病院に入れられた?ヤバい過去も!

酒井莉加さんの過去のブログにこんな投稿がありました。

遊び足りない

遊び足りない

七十歳になっても遊び足りないままだろう

髪ピンクだわ刺青入れてるわ

だけど一つ私の考えがある

一生に一回やってみたいこと

平凡に生きるよりまし。

間違えて精神病院にいれられたのも良かった。

整形もしてみたい。

犯罪はしたくないけど経験は大切。

来年また刺青します。

すみません。

https://ameblo.jp/vivienne66/entry-11109358976.html

皆さん、どうでしょう?

「間違えて精神病院にいれられたのも良かった」

この表記ですが間違えてというより「その時期に一般的な大人が見てもおかしい行動や言動が酒井莉加さんにあった」から入れられた?としか思えません。

本当に間違えて精神病院に入ってしまうものでしょうか?

更に酒井莉加さんのブログの文面から読み取れるのは「自由奔放」という感じですね。

何かに縛られたくないといった感じの主張が色濃く出ていますよね。

まとめ

いかがでしたか?

むしろ家の前でお弟子さんと堂々と不倫してしまうあたりメンタルは強いのかもしれません。

病気というよりおそらく精神的な不満や闇が酒井莉加さんにはあるのかもしれません。

可哀想なのは立川志らくさんですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です