レムデシビル服用のデメリットは?志村けんも投与で副作用!?【コロナ治療薬】 | GOD,MEDIA

レムデシビル服用のデメリットは?志村けんも投与で副作用!?【コロナ治療薬】

国内で初めての新型コロナウイルス感染症の治療薬として特例承認された、

抗ウイルス薬「レムデシビル」の医療機関への供給が始まりました。

加藤厚生労働相が12日朝の会見で明らかにしたもので、7日に特例承認された治療薬「レムデシビル」は、すでに一部の医療機関に到着したということです。

気になるのはこの薬のデメリットや副作用ですよね?

今回はレムデシビルの副作用やデメリットをネットの声も入れてご紹介します!

スポンサーリンク

レムデシビルはどんな薬!?

「特例承認」が決定された薬として話題になっている「レムデシビル」ですが、一体どんな薬なんでしょうか?

国内初のコロナ治療薬として認定されたレムデシビルですが、元々はエボラ出血熱を治療するために米ギリアド・サイエンシズ社が抗ウイルス薬として作ったものでした。

レムデシビルは静脈に投与する点滴注射薬。

ウイルス増殖を抑える働きがあるとされ、エボラ熱の薬として開発が進められた。FDAは重症度に応じて5日間か10日間投与することを推奨している。

ただ、副作用として腎機能や肝機能の低下が指摘されており、慎重な投与が求められる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00000055-mai-soci

チンパ

副作用に腎機能や肺機能の低下があるんだな
可能性だとしても慎重な投薬が必要よね

けめ子

スポンサーリンク

レムデシビルを服用するデメリットは?

レムデシビルはウイルスの複製に関するRNAポリメラーゼを阻害する効果があり、これによりウイルスの増殖を抑え、症状を改善する効果が期待されています。

しかしその一方では、肝機能障害、下痢、皮疹、腎機能障害などの頻度が高く、

重篤な副作用として多臓器不全、敗血症性ショック、急性腎障害、低血圧が副作用として報告され認められています。

さらにネットでは、こんな噂もありました!

なんとあの志村けんが「レムデシビル」の投与が原因で亡くなった可能性があるというんです!

これは決定的では?と思われる記事も見つけました。

その中の文章をいくつか抜粋しました。

新型コロナウイルスに感染したタレント・志村けん(70)の闘病が続いている。

容体が予想以上に深刻であることは本紙昨報通り。

幸いにも転院先とみられる病院は日本有数の大病院で、最先端の医療が受けられる。

新型コロナに対する抗ウイルス薬は今のところ存在しないが、同病院では医師主導で未承認薬の治験を開始している。

なかでも、コロナ治療の光明となりそうなのが、米ギリアド・サイエンシズ社の抗ウイルス薬「レムデシビル」だ。

なんと「同病院では医師主導で未承認薬の治験を開始している」と書かれているんです。

チンパ

志村さんがレムデシビルを投与してた可能性があるんだな
一方、退院した石田純一はアビガンという薬で治したのよね

けめ子

スポンサーリンク

レムデシビルとアビガンの違い

アビガンとは一般名ファビピラビルといいインフルエンザの治療薬として開発され、2014年3月に承認をされています。

タミフルなどほかのインフルエンザ治療薬で効果がなかった場合にのみ使用するお薬としています。

アビガンの副作用は尿酸増加、下痢、好中球数減少、肝機能障害が高い頻度で見られています。

この二つの薬の最も違うところは、

同じ新型コロナウイルスへの効果が期待されていますが、想定している対象患者さんの重症度が違うというところです。

アビガンは口から飲む内服薬であるため、口から薬を飲むことが可能な程度の重症度であることが必要です。レムデシビルは点滴で投与する薬ですので患者さんの状態は問いません。

アビガンは軽症から中等症の新型コロナウイルス患者が重症化せず、早く改善するようにする効果を期待されています

一方、レムデシビルは人工呼吸器を必要とするなどの重症患者の死亡率を改善する効果が期待されています。そしてそれらを検討するような臨床試験が現在それぞれの薬で行われています。

https://www.clinicfor.life/articles/covid-023/

最後に

今後アビガンやレムデシビルがコロナ治療の希望になればいいですよね!

しかし、副作用などのデメリットもしっかりと理解して投与したいものですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です