オーストラリアのクリスマス島の行き方は?!人口や核実験の噂は? | GOD,MEDIA

オーストラリアのクリスマス島の行き方は?!人口や核実験の噂は?

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、クリスマス島が注目されています。

オーストラリア政府は29日(2020年1月)、中国滞在の豪州人600人をインド洋にある豪領のクリスマス島に隔離して、14日間はとどまるよう求めたそうです。

そのクリスマス島の行き方怪しい噂について調べました。

チンパ

一体どんな島なんだ!?
スポンサーリンク

オーストラリアの「クリスマス島」とは!?

その63パーセントが国立公園になっており、熱帯雨林で覆われているのがクリスマス島。

人口は2,072人で人が住んでいるんですね。

島の住民がいるのね

けめ子

1888年にイギリス領となり、1985年にオーストラリア領となったこの島は、多数のアカガニが産卵期に島を埋め尽くすことで有名。

クリスマス島を発見した人物は、わかっていないそうです。

島は西オーストラリア海盆ジャワ海溝に落ち込む北端に位置し、島から東側にクリスマス海膨、西側にはココス島までヴェニング=マイネス海山列が広がる。周囲の海底は約5000mであり、島棚は存在せず海岸から深海までが連続している。

中央部から北東、南、西の三方に張り出した形状をしており、東西約20km、南北に約17.5kmの広がりを有する。最高地点は西部のマーレー・ヒル (361m) である。その他同じく西部にジャックス・ヒル (349m)、南部にロス・ヒル (319m) がある。周囲約80km(CIA World Fact Bookによると138.9km)の海岸線は高さ10~20mの海食崖に囲まれており、船が着岸できる場所は限られている。海岸付近の海中はほとんどの部分で裾礁が発達している。一般に海岸から山へは急峻な斜面が標高約200mまで続き、途中に造礁サンゴの跡である、テラスと呼ばれる平坦な部分がいくつか認められる。島の上部は標高200~250mの比較的平坦な高台となっており、クリスマス島空港も高台にある。

約6千万年前の火山活動によって島の原型が形成され、約2千万年前に一度沈降してサンゴ礁に起因する石灰岩が堆積した。豊富に存在するリン鉱もこの当時堆積したと考えられている。約1千万年前に再び数度にわたる隆起によって現在見られる島が形成された。島の土壌は主にサンゴ由来の石灰岩であり、中性から弱塩基性である。一部火山岩が露出しているところもある。火山岩の部分では雨水が川を形成するが、石灰岩の部分では土壌に浸透して多数の鍾乳洞を形成している。

Wiki引用

 

クリスマス島の行き方は?

バージン・オーストラリアには、パースとクリスマス島の間に定期便があります。航空便は、パースの国際線ターミナルから出発します。

パースから飛行機で4時間半で行けるそうです。

島にはレンタカーがあり200ドル以下で借りられるみたいです。

Book Car Hire Online

スポンサーリンク

クリスマス島に行ったらしたいこと3選!

  • 世界で最も素晴らしい自然の驚異の1つ、毎年恒例のカニの大移動を目撃
  • 世界で最も長い断崖でダイビング
  • 洞窟で泳ぎ、雨林の滝に浸る

この3つです。

特に注目して欲しいのは、「カニの大移動です」

サー・デイビッド・アッテンボロー(Sir David Attenborough)がこの島を「カニの王国」と名付けたのには、もっともなわけがあります。

この魅力ある島は、地球上の他のどの場所よりも豊富で様々な種類の、陸生のカニの生息地なのです。島の固有種のアカガニの数は数千万にものぼり、木や小道、遊歩道の下や砂浜など、あらゆるところでその姿を目にすることでしょう。

それ以外にも、固有種のワタリガニ(内陸部の湿地帯に生息)や無害だけれど巨大なヤシガニなど、24種類ほどの別のカニが生息しています。目を引くものを盗む特性から名づけられたヤシガニ(英語ではrobber crab:泥棒カニ)は、バスケットボールくらいの大きさで、林床や道路でもよく見かけます。

https://www.australia.com/ja-jp/trips-and-itineraries/perth-and-surrounds/14-incredible-days-on-christmas-and-cocos-keeling-islands.html

島で核実験!?怪しい噂は本当!?

なんと「クリスマス島」で検索すると検索候補に「核実験」というワードがでてきます。

一体何が?と思って調べてみると、実はキリバス共和国に全く同じ名前の島があり、そこの島では昔核実験が行われた過去がありました。

1957年と1958年にイギリスが、1962年にアメリカが、それぞれ大気圏内核実験を行った。回数は合計で20回以上に上る。実験は全て島の南東側、もしくは島から離れた場所の高空で行われ、さらに卓越した東よりの貿易風のために、島に放射線の影響は少なかったとされるが、当時の島民、又実験に立ち会った多くのイギリス人兵士の間に放射能によるものと思われる疾病が後に広まり、実験期間中キリスィマスィ島で役務についていた部隊から訴訟が起こされることになる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%A3%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%A3%E5%B3%B6

同じ名前の島ですがオーストラリアのクリスマス島との因果関係は一切無いようです!

まとめ

いかがでしたか?

クリスマス島は神秘の島みたいですね!

今後観光地として注目されるかもしれません。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です